HOME > 事業案内

設計から加工までの流れ

流れ 金型設計 超精密加工 超精密測定 金型仕上げ・組立て テスト成形 量産成形

工程1 金型設計

金型設計

精度と高効率を両立させる設計(CAD)・自動加工(CAM)・流動解析(CAE)システム。

工程2 超精密加工

加工技術と設備

設計されたパーツを、多種多様な加工設備と技術で超精密加工いたします。

工程3 超精密測定

超精密測定

加工したパーツや成形品の精密測定と評価を行い、金型と成形品の品質保証と加工技術向上を行っています。

工程4 金型仕上げ・組立

仕上げ・組立工程では、実際の稼働状態をも想定した緻密な組立て・仕上げ作業を行います。

組立・仕上げ・調整作業は、サブミクロンをも越えた人間の感覚と経験「匠の技」で、金型をより質の高いものに仕上げます。

金型仕上げ組立

工程5 テスト成形

組立てた金型は、テスト成形を行います。
金型要求品質の確認と成形品の評価を行い、お客様へより完成度の高い金型を供給するよう努めています。

テスト成形

工程6 量産成形

量産成形

自社製の高精度金型で同業他社との差別化を実現!

大量生産品は自動化ライン対応とあわせ、高品質かつ高効率な安定生産にて、お客様ニーズにお応えいたします。

量産成形

自動化(省力化)

大量生産では、付随作業(検査・梱包など)の自動化(省力化)にも対応いたします。

製品の品質保証

ご要求品質にあった管理体制と各種測定・評価機器にて製品品質を保証いたします

製品の品質保証